Fleshlight Launch

概要

アメリカのメーカーFleshlight、オランダのメーカーKiirooによるピストン式電動オナホール。
読み方は「フレッシュライト ローンチ」。

2020年8月、販売終了。
両メーカーのライセンス契約が切れたという報告

→2020年9月、Kiirooから後継機「KEON」が発表された。

特徴

構造

円筒を斜めに切り落としたような形状をしている。
平らな場所に横に置くと転がる。

標準で取り外し可能な部品は存在しないが、画像中央あたりのシルバーの箇所は塗装されたプラスチックで、強い力が加わると外れる。

インナーケースにホールを入れ、本体内部に固定してインナーカップごと往復させる。
そのためインナーケースはほぼ必須だが、付属はしていない。

STAMINA TRAINING UNITなどの、ホールとインナーケースが同梱されているものを購入するか、インナーケース(FLESHLIGHT CASE)と好みのホールを同時購入する必要がある。
サイズさえ合えば他社のホールを装着することもできる。

Fleshlightのホール(スリーブ:SLEEVEと呼称)は基本的に貫通式だが、インナーケース後端がネジ式の蓋となっていて、蓋を中途半端に開くことでバキュームの調整ができる。

充電コネクタ形状はmicro USB Type-Bで、ゴム製のカバーが付けられている。
カバーは外れやすく、一度外れたら取り付けることは困難。

動作

左側のセンサーで速度調整、右側のセンサーでストロークの範囲を調節できる。

青いランプが光っている間は遠隔操作モードなので、ランプ部分を親指を被せるように触るとランプが消灯し、手動操作モードに切り替わる。
この時点で電源ボタンを押すことでストロークのON、OFFを切り替えられる。

連動方法

非公式コンテンツの連動(Windows 10)

Bluetooth対応のソフトウェアを使う場合
→「Bluetooth LEで接続する(Windows 10)

公式コンテンツの連動(FeelConnect App)

  1. 設定からBluetoothをONにする
  2. 設定から位置情報(GPS)をONにする
  3. アプリを起動する
  4. 起動時にBluetoothや位置情報の許可を求められた場合、「許可」を選択
  5. “Add a device”を選択してデバイス名が表示されたらタップ
  6. PornHubなどのFeelConnect対応サイトでQRコードを読み込む

使用感など

  • 届いたら何もせず、まずはフル充電必須。メーカー推奨事項!USB給電だと6時間超。
  • ピストンSAより断然軽い。手動操作はピストン位置、ストローク長、早さが3段階ずつ。
  • フレッシュライトのケースごと動くのでピストン感はある。
  • ホール (スリーブ) はふわトロ系で見た目より優しい。ベトつき系。形状は豊富。
  • 純正ローションは高品質だが手やマシンに付くとオイリー感が鬱陶しい。ホールから結構漏れる。

その他

  • 国内の通販サイトだと割高のため、個人輸入が一般的。公式サイトで買えば輸入には特別な手続きは必要ない。注文時に住所、名前などを英語で書けばよい。
  • 到着時に関税がかかる場合がある。請求された人によると2000円ほど。かからない場合もあるのでその日の運勢によるだろう。
  • PayPalでの支払いが確実だと言われている。海外サイトでクレジットカードを使うのに不安がある人も利用するとよい。PayPal自体はデビットカードなどでも利用できる。

参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました