ScriptPlayer

概要

“ScriptPlayer is a video player that controls the Fleshlight Launch and other toys in sync with videos.”
(引用:https://github.com/FredTungsten/ScriptPlayer

ScriptPlayer は映像と同期してFleshlight Launchやその他のおもちゃを制御するビデオプレイヤーである。

特徴

  • 無料
  • Fleshlight Launchを動画と連動させることができる
  • 動画プレイヤーを内蔵しているが、VLCやMPC-HC、Whirligigなどの外部プレイヤーを使用して再生することもできるため、音声やVR動画などと連動できる
  • 言語は英語のみ
    Google翻訳があれば使える

接続方式

Bluetooth LE接続に対応。

動作条件

  • Windows 10 (Creators Update※) の全ての機能
  • Windows 7 かそれ以降の基本機能
  • Bluetooth LEアダプタ
  • .Net Framework 4.6.2以降

※「システム情報」アプリ→「システムの要約」→「バージョン」の項目を見ると「10.0.15063 ビルド 15063」などと書いてある。この数字が15063より低いなら、ScriptPlayerはLaunchと機能しないだろう。一部のPCは(特定のMicrosoft Surfaceモデルなど)はCreators Updateへの自動更新が行われていないことがある。設定でOFFとなっている場合もある。その場合は support.microsoft.comでアップデートをチェックすることができる。

入手先

最新版(不安定?)

安定版

インストール

  • Fleshlight Launchのファームウェアバージョンが少なくとも1.3以上であることを確認する
    そうでない場合、FeelConnectアプリで更新する
  • 最新の安定版をダウンロードし、選んだディレクトリに展開・インストールをする
  • Fleshlight Launch以外のデバイスを使う場合はButtplugをインストールする
  • Buttplugを使う場合はこのドキュメントを読む

対応機器

標準対応

  • Fleshlight Launch

Buttplugを使用する場合

  • XBox互換コントローラー
  • 全てのLovense Toy
  • 一部のVibratissimo Toy
  • Fleshlight Launch
  • Vorze A10 サイクロン
  • Magic Motion

DS4Windowsを使用する場合

  • PS4コントローラー

使い方

①共通準備

  • 音声・動画ファイルとFunscriptは同じ名前に変更して同じフォルダに置いておく
  • Fleshlight LaunchをBluetoothで接続。
  • ScriptPlayer を起動する
  • 「Device」→「Connect Launch directly」をクリック
  • 青ランプが点灯し、画面上に「Connected」というメッセージが出たら接続完了

②内蔵プレイヤーを使った連動

音声ファイルは非対応。音声を再生したい場合は、別プレイヤーを使った再生方法を使う。

  • 「File」→「Open Video」で動画ファイルを選択
  • あるいは動画ファイルをドラッグ・アンド・ドロップ
  • 「Loaded xxx.funscript」「Loaded xxx.mp4(選択した動画)」とメッセージが出たら正常にfunscriptが読み込まれている。出ない場合は「手動でスクリプトを読み込む」を参照
  • 自動で再生と連動が開始される

②MPC-HCを使った連動

MPC-HCが対応しているものなら何でも再生できる。

内蔵プレイヤーを使った連動ができるか確認した後のほうがよい。

MPC-HCの準備

  • MPC-HCを起動
  • MPC-HCの「表示」→「オプション」→「プレイヤー」→「ウェブインタフェース」→「このポートで待機」をON
    右の数字をメモする
  • ScriptPlayerの「Settings」→「Players」→「MPC-HC」→「IP:Port」欄に「localhost:{メモった数字}」と書かれていることを確認する
    ない場合はUse Defaultを押して適宜編集する

ScriptPlayerをMPC-HCと接続

  • MPC-HCを起動
  • ScriptPlayerを起動
  • 「Video Player」→「MPC-HC」を選択
  • ScriptPlayerの中心に「MPC-HC Connected」と表示されれば接続完了
  • されない場合は設定を見直す
    セキュリティソフトなどの影響も受けるかも?

再生

  • MPC-HCと接続した状態で、MPC-HC側で動画を再生する
  • ScriptPlayer側で「Loaded xxx.funscript」とメッセージが出たり、赤い棒グラフが出ていれば正常にfunscriptが読み込まれている
    出ない場合は「手動でスクリプトを読み込む」を参照

手動でスクリプトを読み込む

「Loaded xxx.funscript」や「Matching script already Loaded」というメッセージや赤い棒グラフが出ていればfunscriptの読み込みに成功している。

しかし、「No script for XXX found!」というメッセージは、動画に合ったfunscriptが見つからず、自動で読み込まれなかったということを示している。

そのまま再生しても、もちろん意図している連動は行われない。

funscriptと動画や音声ファイルの名前が一致しない場合などに発生するが、こういう場合は

  • 「File」→「Open Script」でfunscriptを手動選択

すればよい。

funscriptの名前が間違っていないか、次回の連動のために再確認しておこう。

デバイスの調整

ScriptPlayerの右端のほうにカーソルを持っていくと、デバイスの調整メニューが表示される。

  • Script Delay
    ラグの調整
  • Range
    動きの範囲。大きく動くとすっぽ抜けるような場合はここで調整
  • Speed
    動きのスピード
    遅くしてもあまり体感は変わらない
  • Source
    動画連動するか、ランダムに動くかなど。動画再生せずここだけ使うのも有り
  • Debug
    グラフの表示・非表示など
    押して壊れることはないのでいろいろ試してカスタマイズしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました